株式会社インターネット
プレス 会社概要
ホーム 製品情報 サポート オンラインショップ 学校教育 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > Singer Song Writer Lite 9 > Lite 9の新機能
はじめに Lite 9.5新機能 Lite 9新機能 特長 楽曲制作のフロー 詳細 ラインナップ・購入 動作環境 試用版


Lite 9の新機能




最大8トラックまでのAUDIO録音やAUDIOデータの読み込み(配置)が可能。作成したカラオケやマイナスワンのデータにあわせて、ボーカルやコーラス、ギターなど生演奏のレコーディングやVOCALOIDシリーズなどのボーカル音源で作成したAUDIOデータ(WAV、MP3、WMA)やACIDファイルも配置できます。AUDIOデータは、ミキサーやウェーブエディタで編集・加工や収録のVSTプラグインエフェクトほか各種VSTプラグインエフェクトを使いサウンドメイクが行えます。








先進の64ビットネイティブ対応【Lite 9.5】

先進の64ビットネイティブで、64ビットOS上でより高速な動作が可能です。また、VSTプラグインも64ビット版が使用できます。




AUDIO & MIDI

操作性、視認性を向上するために各種ウィンドウをブラッシュアップ。
ソングエディタ
トラックカラーをカスタマイズ可能。トラック管理や視認性がさらにアップ。
ミキサーインスペクタボタンをツールバーに搭載。
各トラックのデフォルト幅を拡大。
VSTiエディット画面起動ボタンを搭載。
ミキサーウィンドウ
快適なミキシングワークを実現するため、ミキサーウィンドウを常に前面に表示することも可能。他のエディタウィンドウが最大化されている場合も、ミキサーが前面表示されます。
VSTプラグインエフェクト/VSTiの選択メニューを階層化。視認性や選択スピードもアップします。
VSTiエディットウインドウは、視認性・操作性を向上させるため、常に前面表示させることも可能。






伴奏作成 & アレンジ
アレンジデータを追加
5ジャンル・20ファイル、合計でおよそ650パターン(小節)のアレンジデータを追加収録。
Electronic Dance Music:5ファイル、156パターン
アメリカンスタンダード:3ファイル、86パターン
イージーリスニング:2ファイル、93パターン
ポップス:5ファイル、166パターン
演歌・ムード歌謡:5ファイル 145パターン



◆新たに収録されたアレンジデータの試聴ができます!

ジャンル 試聴ファイル
Electronic Dance Music 試聴ファイル1
試聴ファイル2
試聴ファイル3
試聴ファイル4
試聴ファイル5
アメリカンスタンダード 試聴ファイル1
試聴ファイル2
試聴ファイル3
イージーリスニング 試聴ファイル1
試聴ファイル2
演歌/ムード歌謡 試聴ファイル1
試聴ファイル2
試聴ファイル3
試聴ファイル4
試聴ファイル5
ポップス 試聴ファイル1
試聴ファイル2
試聴ファイル3
試聴ファイル4
試聴ファイル5

※MacintoshでWMAファイルを再生するには
Flip4Mac の Windows Media Components for QuickTime を使用すると、QuickTime Player で Windows Media ファイル (.wma と .wmv) を直接再生することができます。また、Web ブラウザ内で再生することも可能です。

Microsoft 社の Flip4Mac 紹介ページ


EZアレンジにも5ジャンル・20パターンを追加
83種類からジャンルを選べば、その構成にあうパターンの伴奏を自動で作成。スピード重視で伴奏のアウトラインが作成できます。
アレンジパネルで、テンポ情報のあるACIDファイル以外のAUDIOファイルの入力時にもテンポストレッチが可能。テンポの自動検出も行えます。

スピーディにフレーズを試聴
フレーズパネルでは、AUDIOフレーズ、MIDIフレーズをダブルクリックでスピーディに試聴。
プールパネルを搭載
MIDIフレーズREC機能で保存されたMIDIファイルを管理。ドラッグ&ドロップで楽曲制作の素材として使用できます。

スケールウィンドウを搭載
制作中の楽曲や指定した調と演奏位置に入力されているコード名から使用可能なスケールを五線譜もしくはギターフレットで表示します。演奏中もコードに合わせて表示が切り替わり、アドリブ演奏のヒントにもなります。







作曲、アレンジ、リミックス用素材をさらに追加【Lite 9.5】

伴奏作成・アレンジに使用できるAUDIOフレーズに最新EDMの200ファイルを追加し、より幅広い音楽制作をお楽しみいただけます。




オリジナルフレーズ/アレンジデータ作成【Lite 9.5】

収録するパターン以外にもオリジナルの伴奏パターンをMIDIアレンジデータとして、演奏パターンをMIDIやAUDIOフレーズデータとしてデータベースに追加が可能。さらにバリエーション溢れるアレンジやリミックスができます。







VSTインストゥルメント
VSTi「Roland Hyper Canvas」を追加搭載。GM2対応でマルチサンプリングを含む高品位な256音色、9ドラムセットを内蔵したマルチティンバー形式のシンセサイザーです。

Hyper Canvasでの曲創りをスムーズにするテンプレートを搭載。




LinPlug Organ 3を新たに収録【Lite 9.5】

Organ 3はHammond B3と伝統的なVox、Farfisaのサウンドをエミュレートした音源です。レスリースピーカーを完全にエミュレートした同期可能で洗練されたデュアルエフェクトプロセッサーやドローバー、ビブラート、パーカッションセクションなどオリジナルB3にあるすべてのコントロールを有しています。

LinPlug Organ 3の詳細はこちら







AUDIO
ボーカルエディタ
処理スピードの高速化や音質向上、ノイズの低減を行い、さらにクオリティの高いピッチやタイミングの補正が行えます。



より自然なビブラート設定も可能になったボーカルエディタ【Lite 9.5】
ビブラートの設定は、DepthやRateのカーブを自由に設定が行えより自然で細かなビブラートの設定が可能になりました。設定したデータはプリセットとして保存することができます。





MIDI
スコアエディタ
入力済み音符の各種パラメータの確認・変更を行えるノートプロパティが、スコアエディタウィンドウにドッキング表示も可能。複数の音符を連続して確認・変更が可能となりスピーディに編集が行えます。

スコアエディタにシャッフル入力モードを搭載【Lite 9.5】
シャッフル入力モードををクリックするだけで、8分音符にシャッフルのノリをつけて入力できます。また、コントロールエディターの入力終了位置に入力前の値を入れる(ON/OFF)ことができます。さらに中央Cの設定も可能となりました。


ピアノロールエディタでの操作性の向上
鉛筆カーソルでエディタ上をマウスのドラッグで任意に長さを決め音符入力が可能。入力後すぐに音符の伸縮や移動もマウスのドラッグ&ドロップで行えます。
また、マウスホイール回転による入力音符の変更や全音符以上のロングノートの入力など編集の操作性が向上しました。

ピアノロールエディタが、どのトラックでもマトリクス表示【Lite 9.5】
ピアノロールエディタが、どのトラックでもマトリクス表示でき、またロール表示での音名表示/鍵盤表示の切替が可能となりました。

思いのままに、MIDIの演奏を録音
シーケンス演奏中もひらめいたフレーズを演奏すればMIDIフレーズREC機能で瞬時にリアルタイム入力されMIDIファイルとして保存。リストウィンドウのプールパネルからドラッグ & ドロップで楽曲制作の素材として使用できます。
スコア/ピアノロールエディタのトラックビューのカラー表示部分を右クリックで【トラック選択方法レガシー】メニューが表示。ONの場合は従来のSinger Song Writerと同じ選択方法、OFFにすると以下の動作となります。
クリック:追加選択ではなく、選択トラックを切り替えます。
CTRL+クリック:追加選択します。
SHIFT+クリック:最後にSHIFTを押さずクリックしたトラックから範囲選択します。




鼻歌入力(シングtoスコア)[鼻歌入力は単音限定]

音程検出エンジン「A.S.C 2」で、鼻歌やハミング、生楽器の演奏から音程を検出し音符データとして入力。男声、女声にあわせたチューニングなど、より意識的に精度の高い音符入力が行えます。バージョン9/9.5に搭載の「シングtoスコア機能」は従来とは全く異なる新たなアルゴリズムを新規で開発。音符出現精度、ピッチ判定精度が向上しています。鼻歌やハミング、生楽器の演奏からさらに高い精度で音符データ(MIDIデータ)として入力が可能。楽器の演奏ができない、楽譜が分からない方にも音符入力を力強く支援します。






オーディオエフェクト(VST3対応)【Lite 9.5】

VST3に対応し、STEREO DELAY、REVERB 2、Adv.Pitch Shift 2、Pitch Shift RTの4種類のVSTプラグインエフェクトを追加しました。


STEREO DELAY

LチャンネルとRチャンネルに個別にパラメータを設定することができます。ピンポンディレイなど多彩なディレイをデザインすることが可能です。


REVERB 2

サウンドに残響効果(リバーブ)をプラスして、空間の大きさをシミュレートします。リバーブ音にEQをかけることができます。




Adv. Pitch Shift2

ピッチとフォルマントを独立してコントロール
。ボーカル素材などのキャラクター変更や、倍音成分だけをシフトさせることでボーカルパート以外の楽器音に対しても効果があります。


Pitch Shift RT

高品位にリアルタイムにピッチを調整できます。






VSTのサブメニュー位置をVSTごとにカスタマイズ可能【Lite 9.5】






自動バックアップ機能を搭載【Lite 9.5】

安心して楽曲制作に専念できるように、制作中の大切なプロジェクトファイルを指定した間隔で自動的にバックアップ保存します。不測のトラブルにより異常終了した場合も終了前に保存されたファイルを読み込め、被害を最小限に抑えることが可能です。

※使用しているVSTのパラメータは保存されません。






関連情報
機能比較表 他製品との機能比較表 ABILITYシリーズとSinger Song Writerシリーズについて
お近くの販売店を探す スクール サテライトショップ 関連書籍/DVD